山内地区センターまつり 9日、10日開催

絵画や書道の展示、合唱・合奏・民謡・ダンスなどの発表会、チャリティーバザーの他、飲食コーナーも。盛りだくさんの山内地区センターまつりは9日(土)、10日(日)に開催されます。文化・芸術・食欲・・・それぞれの秋をお楽しみください!

 

 

ご存知ですか?美しが丘の「治安」

青葉警察署から、「青葉区内の治安状況」が届きました。

発生する犯罪の内訳データなどが内容別、地域別に詳しく掲載されています。ちなみに8月中の全犯罪の内、約78%が「窃盗」なのだそうです。晩秋の心地良い気候の中のんびりお出かけする方も増えるこの時期ですから、みなさまくれぐれもご注意ください。

 

 

参加しよう!落ち葉の清掃

思えば今年は本当に雨風の強い日が頻繁にある秋でした。台風が立て続けに襲来したことも記憶にあたらしいことでしょう。

さて、そんな2013年の秋だからこそ、ぜひ落ち葉の清掃にご協力いただけませんか?

場所はお馴染みの八百屋さん、「光青果」前。午前、午後のご都合の良い時間帯にお越しください。

よろしくお願いします!

美小通信6号が発行されました。

青葉区民まつり2013、総合庁舎で開催します。

11月3日(日)青葉区総合庁舎周辺にて、青葉区民まつり2013が開催されます。キッズダンス、ブラスバンド、和太鼓、トランペットなどの演奏発表、キョウリュウジャーのキャラクターショーもあります。ぜひみなさんお越しください!

kumin_matsuri2013

美小通信5号が発行されました。

記録的な猛暑が続いた夏休みも終わり、9月からは新学期。日焼けした子どもたちの姿も目立ちます。

美小通信の第5号は、そんな夏の振り返りからスタート。

小中合同で行われた保健に関する催し、遠足や工場見学などの情報も満載です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ご存知ですか? 「いざ!」という時の避難場所

東日本大震災では、緊急時の心構えや避難場所への迅速な移動が、その後の命に大きく関わったことは記憶に新しいでしょう。では、私たちの地区の避難場所はご存知ですか? 多分学校だろう、近くの公園に行けばいいんじゃないか。…だいたいそんなイメージはつくはずですが、9月1日の防災の日を迎える前に、一度避難場所についておさらいしておきましょう。

避難場所には、発災からの時間経過や災害の大きさによって、3種類の区分があります。

1. いっとき避難場所

・落ち着いて状況を確認:自宅に倒壊の危険がなく、周辺で火災が発生するおそれがない=避難の必要がなさそう…避難する必要があるか迷う場合は、「いっとき避難場所に行き、状況を確認しましょう。

・当地区のいっとき避難場所は・・・「山内公園」です。隣近所に声をかけ、お互いに助け合いましょう。特に、お年寄りや身体の不自由な方の安否を確認しましょう。

2. 地域防災拠点

・さあ避難!:電気のブレーカーを切り、ガスの元栓を閉めてから避難しましょう。そして地域防災拠点へ!

・当地区の地域防災拠点は・・・「美しが丘小学校」です。

・防災備蓄庫があり、避難生活の場となります。援助物資の配布場所にもなり、安否情報も集約されます。地域医療救護拠点でもあり、また循環式地下貯水槽(60t)が設置されています。これは、一人あたり一日3リットルの水を利用するとした場合、20,000人分の量に値します。

3. 広域避難場所

・自宅周辺や地域防災拠点周辺で火災が起きているとき:大地震によって発生した火災の延焼拡大が見込まれる場合、火災が収まるまで避難しましょう。そこから地域防災拠点に向かい、緊急時の水や食料を受けてください。

・当地区の広域避難場所は・・・「たまプラーザ団地」です。

備えあれば憂いなし。「青葉区防災マップ(PDF: 9.5MB)」も併せてご覧ください。